shirakawa go around

18.01.16

三輪 了

白川村のこれが旬

大雪の後のご褒美

観光業なので年始からのバタバタで、年始が落ち着いたとおもったら大寒波による大雪で、何かと忙しかったので、ようやく今年最初の記事を書くことができます(汗)

 

今さらですが、一応……

あけましておめでとうございます!

 

はい、時期外れの新年のあいさつはこれくらいにしておいて、

先週は本当にたくさんの雪が降りました。

一昨日の1/14、ようやく太陽が顔をのぞかせてくれたので、近所を散歩してきました。

 

もっとも美しいひととき

村中、ご覧の通り雪まみれです。

これでもか!っというくらい雪があります。

 

でも子供たちは大喜びなのは、いつものこと(笑)

 

僕は、大雪が降ったあとの晴天の日が、とっても大好きです。

まず第一に、何日も雪が降り続いたことへのストレスから解放される喜び!

これが実に大きい!!!!「やっと晴れた~!!!」という嬉しさは図り知れません。

 

そして第二に、風景がとっても美しいこと!

屋根や木々に積もっている雪が崩れる前、

田んぼに誰かの足跡がつく前、

道路が溶けた雪でぐちゃぐちゃになる前の

白銀のいと美しき世界に、青空の「青」がとっても映え、

本当に心が澄み渡る美しい景色を眺めることができます。

 

こういう景色はそうそう、見ることはできません。

一カ月のうち、2~3日、こんな日があったら良い方だと思います。

それくらい、レアなひととき。

 

この日に巡り合えた観光客の方は本当にラッキーだなぁって思います。

こういう日にうちの旅館に泊まられたお客様には、「あなた方はとてもラッキーですよ」って僕はいつも伝えています。

 

大雪の後のご褒美のような、素晴らしい景色です!!

 

 

しかしながら、村人は屋根に大量に積もった雪の「雪下ろし」を

こういう天気の良い時にやらなければならないので、とっても大変なんですけどね。

この日も、村中で屋根の雪下ろしが行われていましたから。

 

うちでも息子くんが雪かきを頑張ってくれました♪

 

この記事を書いた人

三輪 了

三輪 了

明治から続く旅館「城山館」の若女将をお嫁さんにもらったことから、白川郷で暮らすように。現在は城山館の若旦那。前職である広告・編集業の経験を活かし、”ヨソモノ”の視点で白川郷の魅力をお届けします!息子との村内散歩が日課です。本サイトの編集長。

RELATED ARTICLES

関連する記事