shirakawa go around

17.12.15

三輪 了

白川村のこれが旬

どっさり大雪、白川郷

この冬最高の寒波が全国に大雪をもたらしておりますが、もちろん白川郷もどっさりと積もっています。

 

連日、村中が雪かきに追われています。

僕が白川郷で暮らし始めてからは12月なんてほとんど雪は降らないので、正直、1月までは雪かきには縁がないだろうと高を括っていたんです。

でも、今年はまったく違います。

酷い日は朝から晩まで降っています。

「まだ降るかぁ~!!」と何度も言ってしまうくらい降ります。

 

 

下の写真は展望台から。

この時は雪化粧の美しい景色が見られましたが、吹雪がひどく景色がまったく見えない日もありました。

 

今日ようやくひと段落して、久々にお日様も顔を覗かせてくれました。

「太陽ってこんなに暖かかったんだ」と太陽のありがたみをシミジミ感じています。

 

この冬は大雪!

先日の11日、気象庁の発表で異常気象の原因となる「ラニーニャ現象」を確認したとありました。

 

ラニーニャ現象がおこる年は、寒さが非常に厳しくなるとのこと。

(詳しくはこちらのヤフーニュースにて。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6264393)

 

恐れていた「大雪」の冬になりそうです(涙)

 

去年の冬も1月からは大雪で雪かきがとっても大変でした。

毎日、雪かき。連日の筋肉痛と疲労。

今年こそは雪が少ない冬がいい。

そんな自分勝手な思いを抱いていたのですが…。

 

世の中、というか自然はそんなに甘くはありませんね。

 

大雪を楽しめる自分になれるよう、「なんとかなるさ」という楽観的思考でこの冬を乗り越えたいと思います♪

 

この記事を書いた人

三輪 了

三輪 了

明治から続く旅館「城山館」の若女将をお嫁さんにもらったことから、白川郷で暮らすように。現在は城山館の若旦那。前職である広告・編集業の経験を活かし、”ヨソモノ”の視点で白川郷の魅力をお届けします!息子との村内散歩が日課です。本サイトの編集長。

RELATED ARTICLES

関連する記事