shirakawa go around

17.09.13

下山 勝巳

イベント情報

夕暮れの合掌造り民家園を歩いてみよう

さて、下山です。

日曜日の夕暮れ時、合掌造り民家園を散策してきました。

合掌造り民家園公式サイト
http://www.shirakawago-minkaen.jp/

理由があって民家園にはよく足を運ぶのですが、人の少ない夕暮れ時は、何とも独特な雰囲気があって心地よかったりします。

民家園の茶室。

なんともひなびた風情の、小さな茶室です。

夕闇差し掛かる中、苔むす合掌の屋根。

こちらは古くの鳩ケ谷神社の建屋。
今現在はどこの神社も大きな神社の建屋になっていますが、かつて古い古い時代にはこんな風な小さな社だったのでしょうか。

民家園の中を流れるせせらぎ。
少し写真ではわかりにくいのですが、このせせらぎには梅花藻が多数生息しています。岐阜県のレッドデータブックでは絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。
白川村内で梅花藻が生息しているところはあまり多くはないので、実に貴重です。

 

民家園中央の池。
何気に映画のロケに使われたことがあったりします。1989年の「丹波哲郎の大霊界」という映画ですね。自分は見たことないのですけれど、子供の頃に撮影に来ていたのは覚えています。
あと、ここで平成4年に「合掌集落保存基金チャリティーコンサート」として都はるみさんのコンサートが行われて、当時小学校だったうちの弟の同級生たちがバックコーラス(?)で歌っていたのを覚えています。

民家園入ってすぐの雑木林。こちらは昨年度までは人の歩けない藪になっていたのを、本年からは職員の方が刈りはらって手入れされています。
もみじ等、紅葉の美しい植物は残していくとのことなので、何年かしたら実に紅葉のきれいなエリアになるのではないでしょうか。

 

さて、そんな合掌民家園に於いて、あまり知られていないライトアップイベントが行われているのはご存じでしょうか?

「白川郷の冬のライトアップ」を知っている方は大勢いらっしゃるかと思いますが、民家園のライトアップは冬ではなく夏から秋にかけて行われています。

本年の残りの開催は以下の通り。

9月16日~18日
10月7日~9日
11月2日~5日

いずれも時間は18:00~21:00

秋の紅葉のシーズンのライトアップは、「何とも美しい!!」の一言に尽きます。
ぜひ、足をお運びください。

この記事を書いた人

下山 勝巳

下山 勝巳

白川村生まれ、白川村育ちの会社員。趣味できのことったり山菜とったりきのことったり、古い文献に触れてみたり、昔の古い時代の話を調べたり、口伝を記録してみたり、わりと変わったことに興味もってみたりしています

RELATED ARTICLES

関連する記事