shirakawa go around

17.08.30

三輪 了

白川村の楽しみ方

今でも活躍!旧白川小学校

うちの近所に平成23年に閉校した「旧白川小学校」があります。

今でも旧校舎の前には、校歌の石碑が残っています。

白川村生まれではないので、この校歌はまったく歌えない僕ですが、

白川村で暮らしていると、この旧白川小学校を利用する機会がけっこうあるので、

今日はそのことについて書きたいと思います。

 

今でも現役!旧白川小学校!

まずはうちから歩いて10分もかからないくらいで行けるので

息子との絶好のお散歩コースになっています。

ごらんの通り遊具も現役で、一般開放されている状態ですから

気軽に遊びにいくことができます。

広くて車を気にすることなく遊べる、村内でも数少ない遊び場です。

 

さらに校舎内は大幅な改装がしてあり、『白川郷米麺(べーめん)』を生産する工場が入っています。

中には勝手に入れないので、写真は撮れませんが

さまざまな調理器具が入っている工場となっています。

「べーめん」は僕も食べたことがありますが、小麦ではなく米粉で作られた麵で

モチっとした食感でとても美味しいです♪

べーめんに関して詳細はこちら→http://www.kome-men.com/01_home.html

 

 

また、今はもうやっていないのですが、校舎の2階を利用して「つつみや」という

村民の憩いのスペースがありました。

こちらは1年前にその「つつみや」で遊んだ時の息子の様子です。

 

白川村の地域おこし協力隊の皆さんが企画・運営をされていました。

その様子が新聞に載った時の記事。息子と僕がちゃっかり写っていました。

 

 

また、村民の健康診断や選挙の投票で旧小学校の体育館を使用するなど

体育館もバリバリ、活用されています。

 

今でも元気な旧小学校!

「旧小学校」という言葉だけ聞くと

老朽化してボロボロになっていたり、心霊スポットになっていたりと

ちょっと暗いイメージが湧いてきますが

この旧白川小学校は、今でも元気に活躍している「明るい旧小学校」だなぁと感じています。

 

 

さて最後に、グランドの国旗掲揚塔にある旧白川小学校のマークをご覧ください。

この校章をみて、トランスフォーマーのディセプティコンのマークが頭によぎったのは

僕だけでしょうか??

(トランスフォーマー、大好きなんです!!)

 

この記事を書いた人

三輪 了

三輪 了

明治から続く旅館「城山館」の若女将をお嫁さんにもらったことから、白川郷で暮らすように。現在は城山館の若旦那。前職である広告・編集業の経験を活かし、”ヨソモノ”の視点で白川郷の魅力をお届けします!息子との村内散歩が日課です。本サイトの編集長。

RELATED ARTICLES

関連する記事