shirakawa go around

17.08.17

三輪 了

白川村の楽しみ方

夏を感じる白川郷の風景

お盆や夏休みもあり、連日、多くの人出で賑わっている白川郷です。

僕の仕事もひと段落したので、今日は久々に息子と合掌集落を散歩してきました。

僕は旅館業なので、お盆シーズンももちろん仕事。

なので、どこにも遊びに行けてないので、白川郷を観光する旅行客の気持ちで

「夏を感じる風景」を撮影してきました。

 

 

花がたくさん♪

散歩をはじめると、まず、たくさんの花に目がとまりました。

 

花の写真を撮るお客さんもたくさんいます。

 

 

僕は花の名前に全然詳しくないので、なんという名前の花か全然分かりませんが

暑い中、元気よく咲くカラフルな花をみているとパワーをもらえる気がします♪

 

「水」から涼を感じる

集落内は至るとこに「水」が流れており、涼を感じることが出来ます。

 

こちらはお店の軒先にある湧き水。

触れるととっても冷たくて、暑さを和らげてくれます。

 

山の水をを利用してドリンクを冷やしてる様子をみると、思わず飲みたくなっちゃいますね。

 

用水路にいる魚は、暑さなんか気にすることなく、とっても気持ちよさそうに泳いでいます。

見ているだけで、こちらも少しだけ涼しくなります。

 

 

合掌造りの涼しさに驚き!

集落内には2~3か所、合掌造りを利用した休憩所があります。

散歩に疲れたときのひと休みにもってこいです。

そして驚きはその室内の涼しさ!

室内に入るとヒンヤリして、風も入ってきて想像以上の快適さです。

先人たちの暮らしの知恵の凄さを体感できちゃいます。

 

秋はすぐそこに…

 

田んぼの稲もこんなに大きくなり、田んぼのまわりをトンボが飛び回っています。

さらにはススキがはえているのを発見したりして、少しだけ「秋」の気配も感じた今回のお散歩。

厳しい暑さはまだまだ続きそうですが、着実に季節は流れていますね。

当たり前ですけどね。

暑さに嫌気がさしたりもするのですが、あっというまに雪が降る季節がやってくるので

夏しかできないようなことを、もっと積極的に楽しんでいきたいと思ったのでした。

この記事を書いた人

三輪 了

三輪 了

明治から続く旅館「城山館」の若女将をお嫁さんにもらったことから、白川郷で暮らすように。現在は城山館の若旦那。前職である広告・編集業の経験を活かし、”ヨソモノ”の視点で白川郷の魅力をお届けします!息子との村内散歩が日課です。本サイトの編集長。

RELATED ARTICLES

関連する記事